国内バイナリーオプションの規制後のデメリット

国内バイナリーオプションに規制が入った後のデメリットはなんでしょう。
ここでは国内バイナリーオプションが規制が入ってどのようになったかを
ご説明していきます。
国内バイナリーオプションの規制が入った項目は以下の通りです。

▶短期取引の禁止
▶総取りの禁止
▶試験の実施
▶現行ルールの期限

等。まだ他にも規制を受けていますが。
国内バイナリーオプションを利用しているという人にとってこのような
変更はかなりの痛手で、デメリットではないでしょうか。
国内バイナリーオプションの規制がかかりデメリットが増えてしまったので
海外バイナリーオプションへ流れてきたというのが事実でしょう。
国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションを比較してみると
安全性というところでは国内バイナリーオプションは評価されています。
しかし、それ以外の取引方法やボーナス、自由度に関してはやはり
海外バイナリーオプションを評価する人がほとんどでしょう。
国内バイナリーオプションを利用する際には知識確認テストを受けなくては
利用することができません。
取引をしようとしているユーザーがどれだけバイナリーオプションについて
知っているのかを確認する為のテストになります。
しかし、バイナリーオプションの経験が既にあるというユーザーに関しては
知識確認テストは免除されているようです。
国内バイナリーオプションにデメリットを感じるという部分が多くなった
という感じはしますね。

国内バイナリーオプションはデメリットばかり?

国内バイナリーオプションのデメリットが規制後に増えてしまった
というのは上記で説明しました。
しかし、国内バイナリーオプションもデメリットばかりではないのです。
国内バイナリーオプションは海外バイナリーオプションよりもやはり
安全性が高い。そして手数料が安いというメリットがあります。
国内バイナリーオプションは海外バイナリーオプションとは違い
自由な取引は求められませんがその分安心して利用できると言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ