国内バイナリーオプションの規制後の動向

国内バイナリーオプションは2013年8月から、金融庁が発表した規制が施行されます。
その規制施行で、一回の取引時間が長くなったり、完売を中止とされたりと、利用者からしても、メリットの高い規制もあれば、迷惑な規制をかけられている部分もあります。
今後のバイナリーオプションでも同じようにさらに規制が厳しくなる事も予想されます、なので国内バイナリーオプションの利用者は、国内のバイナリーオプションから離れていく可能性も低くはありません、そんな状態で、国内バイナリーオプションはどのようなサービス展開をおこなっていくのでしょうか

4ヶ月の猶予期間がカギ

今回の規制施行は、規制に合わせたルールへの変更に、猶予期間4ヶ月が設けられています。
この4ヶ月でサービスをすぐんい変えて運営を始める業者もいれば、業者離れした、バイナリーオプション利用者を、以前のルールのまま4ヶ月の間にハイエナ獲得を行う業者もいるのではないでしょうか、どちらにせよ、バイナリーオプションを展開する業界の、大きな動きはまだ見られなませんので、どのようなサービス展開を行うかがカギになります。

バイナリーオプションの利用者

バイナリーオプションで利益を上げていた利用者は多く存在していたはずです。
しかし、今回のバイナリーオプション規制で、利益を上げていた利用者の今後のバイナリーオプションを通じての利益に対する不安がよぎったはずです。
そこで、海外のバイナリーオプションへ移行する方もいるでしょうが、慣れない環境での取引を拒む利用者も多く居るはずです。なので、国内のバイナリーオプションの衰退を避けるために、国内業者の新たなるサービス展開が、今後の国内バイナリーオプションを支えるきっかけとなるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ