バイナリーオプションの規制に関する情報

国内のバイナリーオプションは、金融庁により2013年6月に規制を施行すると発表され、その規制内容についての発表はまだ、されていませんでした。
しかし、2013年7月に金融庁より、正式に2013年8月1日より、バイナリーオプションの規制施行が決定されたことが発表されました、猶予は4ヶ月で、遅くても11月末までには、国内のバイナリーオプションの新サービスが展開されていくことになりそうです。

国内バイナリーオプションの規制内容

今回金融庁が発表した規制ない内容は、「金融商品取引業等に関する内閣府令」及び「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」とされています。
簡単に言えば、バイナリーオプションの取引時間や、完売などに対する規制が施行される様子で。規制改善されれば、バイナリーオプションで素早い取引が出来なくあるということです。
短時間の取引を1日に何度も行いたい方には少し残念お知らせです。

規制後の国内バイナリーオプションの動向

国内バイナリーオプション規制施行後、国内のバイナリーオプションに異変は起きるのか、それは、今だ、サービスの変更など、目立つ動きを見せない国内バイナリーオプション業者、なので、今後の動向は良くわからないのですが、国内バイナリーオプションの利用者の衰退は予想できます。理由は二つで、国内バイナリーオプションでの取引に魅力を感じなくなった利用者が増える、もう一つは国内バイナリーオプションの今後の更なる規制施行の可能性があるからです。そんな状態で、国内バイナリーオプションでの利用を続けたいと思う利用者は少ないはず、このまま、巻き返しを起こすほどのサービスを展開しない限り、国内バイナリーオプションは衰退していくかもしれません

サブコンテンツ

このページの先頭へ