海外バイナリーオプションの税金について

海外バイナリーオプション取引では、短期取引やオプションビルダーなど、
海外独自の自由な取引が魅力ですが、忘れてはならないのが
利益に対する税金の支払いです。
納税しないともちろん罰則を受けることとなりますので、本記事で
海外バイナリーオプションの税金について知識を蓄えて、快適な取引を
求めてみましょう。

海外バイナリーオプション取引では、雑所得(総合課税)という区分の
税金を収めることになります。
この区分では合計所得により税率が変わっており、
取引で得た利益を他の合計所得と足して、
控除額を引いたものに課税する仕組みです。
課税に関しては、

  • 195万円以下 5%
  • 195万円超   330万円以下 10%
  • 330万円超   695万円以下 20%
  • 695万円超   900万円以下 23%
  • 900万円超  1800万円以下 33%
  • 1800万円以上 40%

となっております。

海外バイナリーオプションの税金と確定申告

海外バイナリーオプション取引やその他利益において
年間で20万以上の収入がある場合、確定申告を行う必要があります。
確定申告の方法としては、税務署へ趣き確定申告を行うのが一般的ですが、
郵送でも対応することができるので、用紙を印刷し、確定申告を行いましょう。

税金に関しては、国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは税金
の区分が違うので、「どちらを利用したほうが安く済むか」という疑問がありますが、
これは年間給与所得とバイナリーオプション取引の合計利益が695万以下の場合は、
海外バイナリーオプション取引を行う場合が安く済むようですね。

税金に関しては初めのうちは戸惑うかもしれませんが、知識を蓄えることで
不安を解消することができるので、是非挑戦してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ