国内バイナリーオプションの規制内容について

バイナリーオプション取引は、国内に持ち込まれてからは徐々に人気を伸ばし、
現在では副業として選ばれる等大きな人気を博し、
現在でもバイナリーオプション取引を利用する投資家が増加しているようです。
しかし、国内バイナリーオプション取引はその人気と裏腹に、
2013年11月30日までの経過措置期間をもって、
これまでの取引ルールが適用されなくなりました。
では、その規制内容はどういったものでしょうか?本記事で紹介します。

バイナリーオプションの利点には、短い取引時間で
結果をすぐ確認することができる手軽さがあります。
しかし、国内バイナリーオプション取引の規制では、
この短期取引の利用、判定時間の延長が含まれています。

この規制内容は、二者択一のバイナリーオプション取引は
金融商品としての面ではなく、賭博性の高さを多くの人が
指摘したという事柄が禁止に至った要因のようです。

このことから海外バイナリーオプション取引のような取引が実現できず、
国内バイナリーオプションの人気に陰りが出ました。

バイナリーオプションの投資家寄りの規制内容

この規制内容じゃあ投資家よりには見えないんだけど?
・・・と見出しを見て思っている方、ご安心下さい。
この規制内容は、実はちゃんと投資家の目線に立った規制なのです。
バイナリーオプション取引の規制内容には「業者の総取りの廃止」が含まれます。
この業者の総取り禁止では、もう少し詳しく説明しますと
「満期時間レートのレンジ外による業者の総取りを廃止。」
となります。

レンジ外とは、バイナリーオプションの取引では、
価格レートが上昇しても下降しても勝てない場合が存在します。
これをレンジ外と呼び、取引時間終了時レンジ外の領域内で取引が終了すると
業者が投資資金を総取りできるというルールです。

規制内容では、このレンジ外というルールが廃止され、
取引開始時のレートと同じ価格で取引終了した場合、
投資家に払い戻しされることになります

バイナリーオプション取引面の大きな規制内容はおおまかに上記の内容で、
他にも規制が設けられていますが、初心者の取引のリスクを遠ざける規制や
利用に関する変更など、規制前よりも大きく信頼性が上昇しました。
国内業者の利用は海外業者と違い利便性の面ではやや不便ですが、
初心者が利用する上では最高の環境といえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ